日本語 English
風の力を地球のために – HondaJetで培った風洞試験技術と3Dプリント(光造形)などのAdditive Manufacturing技術を携えた宇宙ベンチャー企業です。
東京流研株式会社
10:00~19:00(月〜金)

風洞試験モデルの設計・制作

~ 次世代の風洞実験をご提案 ~
高機能光造形モデルと新設計手法で風洞実験の期間とコストを低減

風洞モデル開発は、あらゆる種類を経験し、金属に限らず、樹脂や、特に光造形モデルでは世界最多の実績と他社にはない独自のノウハウを有しております。
既存の手法では不可能な模型・計測を独自の手法で実現します。

新設計手法(光造形+金属)による軽量&高剛性模型の製作

光造形法は、複雑な形状であっても、短時間で高精度な立体モデルを作成することができます。
その高度な成形技術は、航空・宇宙関連の研究機関やモビリティ企業(航空機、自動車、列車)、建設業など幅広い分野で用いられ、風洞試験や製品の形状確認、デザイン確認、機能確認などに活用されています。

光造形を活用した高機能試験模型・装置の開発
モデル内部に圧力配管を一体高密度造形
お試しサンプルについて お問い合わせはこちら

光造形の部品がどのようなものか事前に確認したい方は、ぜひご相談ください。
手のひらサイズであれば格安で対応可能です。
お問い合わせフォームからお試しサンプルご希望の旨、ご記入ください。

NHK総合「超絶 凄ワザ!」(2015年10月放送)で放映されました!あの竹とんぼのCADデータを公開!

製作の主な流れ(光造形+金属)

製作の主な流れ(光造形+金属)

製作可能な模型の例

航空機模型:
全機、部分(尾翼、脚等)、可動(動翼,脚等)、半裁、フラッタ、可視化、高揚力装置、客室、着氷、騒音、インレットディストーション、空気取入れ etc
自動車模型:
全車、部分(スポイラー、ミラー、タイヤ等)、圧力分布計測、空力騒音計測、デザイン検討 etc
2輪・3輪車:
全車、部分、傾斜形状、ヘルメット、人体 etc
鉄道車両模型:
全車、部分(パンタグラフ、スタビライザー等)、衝撃波計測、空力騒音計測、形態検討 etc
建築模型:
全体、部分(突起部、内部再現等)、展示、既存建築物の3Dデータ化、及び実模型化、橋梁のフラッタ試験模型
シミュレーション装置:
電動ファンを内蔵したガスタービン内部流れ試験装置
風力発電模型:
形態検討、ブレード形状、導風板、支持機構 etc
将来型モビリティ:
宇宙往還機、地面効果艇、ソーラープレーン etc
流れの計測装置:
5孔管、乱流球、圧力分布計測 etc