日本語 English
風の力を地球のために – HondaJetで培った風洞試験技術と3Dプリント(光造形)などのAdditive Manufacturing技術を携えた宇宙ベンチャー企業です。
東京流研株式会社
10:00~19:00(月〜金)

会社概要


ごあいさつ

航空機分野で長年培ってきた空力開発技術やノウハウをさらに発展させ、世界中のさまざまな企業や研究機関の一助となり、 新しい技術やサービスを提供していくことを目的に、 東京流研株式会社は創立されました。
新しいモノづくりを通じて、人々の生活をより豊かに 大きく拡げていくことが、我が社の使命と考えています。
重谷 秀夫 (Hideo Omotani)代表: 重谷 秀夫

会社概要

商号
東京流研株式会社
設立
2009年2月2日
経営者
重谷 秀夫 (Hideo Omotani)
本社所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-15-5 DSビル801号
特殊株数/比率
100%
沿革
株式会社本田技術研究所に23年勤務し、
主に航空機開発を担当。
HondaJet開発の初期から認定取得まで空力テストのプロジェクトリーダーとして携わった後、独立、起業。
主力商品/サービス
風洞試験用精密モデル(特に光造形を利用した特殊モデル)の設計・製作、
および風洞試験コンサルティング
自社のコアコンピタンス
光造形モデルによる風洞試験の効率向上と計測精度の向上

企業理念

独自の技術を駆使して世界のモビリティ企業の空力開発を支援し、
製品品質の向上によって人の生活を豊かにする。

経営指針

  • ビジョンの一致(組織と人)
  • 独立技術者の育成
  • 社会に先行する柔軟な組織構築
  • 地球環境への貢献